債務整理 札幌 評判

札幌在住の方に評判の弁護士事務所

 

全国各地にスタッフを擁するジャパンネット法務事務所は、札幌にお住まいの方からも多くの良い評判・感想を得ています。

 

過払い無料相談

 

 

弁護費用・依頼費用ってどのくらい?

 

過払い返還請求や自己破産・任意整理などの債務整理を行う際、必ず弁護士や司法書士の力が必要となりますが、一体どれくらいのお金がかかるの?

 

という疑問を持っている人が多いと思います。

 

ここでは一般的に制定されている依頼費用について触れていきます。

 

弁護士費用について

 

 

弁護士費用には、大きく2つに分類されます。

 

それは

着手金

報酬金

です。

 

着手金というのは返還請求して実際に返還された額から支払うものではなく、実際に返還請求や任意整理などの手続きを進める際に必要となる報酬を指します。

 

相談を受けた弁護士・司法書士は、クレサラ案件(クレジット会社やサラ金・消費者金融)に関する債務案件)を受任する場合、「クレサラ報酬基準」に基づいた弁護士費用を決定します。

 

(例外)相談者と協議し、なおかつ審査部会の承認や各弁護士会へ所定の手続を行った場合は、クレサラ報酬基準と異なる条件で締結する場合もあります。

 

 

クレサラ報酬基準とは?

 

2011年1月1日に改定された現在のクレサラ報酬基準は下記の内容となります。

 

条項1

任意整理での減額報酬は、利息制限法に基づいた「引きなおし計算」をした後の残元金から減額した和解を「成立させたときのみ」発生するもの

 

条項2

過払金報酬は交渉の場合と訴訟の場合との区別がなくなり、どちらの場合も返還された過払い金21%が報酬として申し受けることができる

 

条項3

自己破産手続きの着手金・報酬金は、債権者件数や債務金額での区別を無くし、どちらも210,000円に統一

 

条項4

個人再生手続きの着手金・報酬金は、債権者件数や住宅資金特別条項提出があるか無いかによる区別がなくなり、どちらも315,000円に統一

 

 

という報酬条件が制定されています。

 

これを過払い請求を依頼した場合を例にとり順を追って解説すると、

 

ステップ1
元金100万円の返済を数年に渡り行なって来たAさんが、弁護士事務所に依頼をする。
ステップ2
その弁護士事務所が着手金0で作業を始めてくれるので、着手金0円で正式依頼。
ステップ3
約30万円の返還請求が受理され、相談者Aさんに30万円が返還される。
ステップ4
返還成功した30万円の内、21%を依頼した弁護士・司法省氏に報酬金として支払う。
ステップ5
手続き完了。Aさんの手元に約23万円が戻ってきた。

 

という形で報酬を精算することになります。

 

弁護士事務所によって、着手金が0円で作業してくれる事務所は非常に多く存在します。

金銭的余裕がない場合は、着手金0円で受けてくれる弁護士事務所を選んでみましょう!


 

札幌在住の方が着手金0円で利用できる債務整理

 

着手金0円でも可能・何回でも相談無料なので安心して債務整理を進めることができます。
札幌在住の方にお勧めの弁護士事務所です。