自己破産について

 

 

「自己破産」とは?

 

テレビドラマやニュースなどで目にしたことがある人も多いのが、この「自己破産」です。

 

 

自己破産といえばマイナスなイメージが先行しますが、そもそもこの自己破産は、

「個人の再起を促す」

 

という効果を持つ非常にポジティブな法律なのです。

 

 

例えば借入を行なっている人が、約束した日に返済ができず、その支払不能状態が継続的に続くとマイナスがマイナスを呼び、独自では再起を図ることができなくなります。

 

 

一度そうなってしまうと「人生が終わりだ…」などと考えてしまい、自暴自棄になる人も現代には多く存在しています。

 

 

そのような自体になってしまっても裁判所に申請を行い、その状況を認めてもらうことができれば、借入している金銭を法律に則って支払義務を免れるという制度がこの自己破産申請です。

 

 

自己破産を行うと、返済を待っている消費者金融などは貸し出した本人からの返済を受けられなくなりますから、消費者金融の視点から見ると大変「損」な法律です。

 

逆に自己破産した当人は、以降は借入を行なっていた消費者金融への返済の義務はなくなります。
しかし、その消費者金融からは二度と融資を受けられなくなるのは必至でしょう。

 

 

一度何かしらの金銭問題で、単独での再起が不能になった場合は弁護士への相談を行い、裁判所への申し立てをすることでやり直しを図ることができます。

 

「もう人生終わりだ…」なんて悩んでしまうようなことがあっても、人生はやり直しがききますから
まずは弁護士へ相談することを強くおすすめします。

 

 

過払い無料相談

 

 

 

自己破産することのメリット

 

自己破産の申請を行うと、原則すべての借り入れ金の返済義務がなくなります。

 

申請前のように、債権者から借金の返済を求められることはなくなり、労働によって得た収入を生活費に充てることができるようになります。

 

自己破産申請が認められる条件

 

  1. 支払不能であると認められる方
  2. 過去7年以内に免責を受けたことがない方

 

が最低条件となります。

 

過去7年以内に既に免責を受けている場合は、その具体的な内容を詳しく調査した上で再度免責を受けることが出来る場合もあります。

 

 

自己破産申請が受理されると、借入していた金額の返済が免除されます。

 

申請が受理された人達の感想を下記に記載します。

 

自己破産申請後どのような生活になりましたか?
今までは仕事で得た収入が返済でほとんどなくなるような生活だったが、普通の生活を送れるようになりました

 

借入していた会社からはその後連絡はきますか?
以前は、支払が1日でも遅れたらすぐに貸金業者から、携帯電話や会社に電話が来ていました。

その度に胃が痛くなるような気持ちでしたが、申請後、借金が免責されたお陰で貸金業者から電話が来ることもなくなりました。ストレスなく仕事に打ち込めます。

 

毎月の返済から追われることがなくなってどんな気分ですか?
毎月多額の返済に困ってたので正直生きている心地がしませんでした。

借金を返すために借金をしているような状態だったので、そのストレスで体もボロボロになっていました。
ですが免責を受けることができて、今は行きている実感が湧いているので、チャンスをくれた弁護士さんには本当に感謝しています。

 

 

自己破産することのデメリットも

 

自己破産を行うと、当然のことながらメリットだけではなく、デメリットも発生してきます。

 

 

 

デメリットとして挙げられるのは
現在価格20万円を超える財産は全て処分される。
ということです。
※現金は99万円を超えた場合のみ適用

20万円を超える財産がある場合でも、生活に必須と判断されるものに関しては維持することができます。

 

他には、自己破産申請を行なっている期間は下記の職業に従事することが制限されます。

 

  1. 警備員
  2. 旅行業務取扱管理者
  3. 宅地建物取引主任者
  4. 弁護士
  5. 税理士
  6. 生命保険募集人

 

 

最後に重要な点として、自己破産を行った場合、
戸籍や住民票にその事実が記載されるのではないか?
という心配をされる方がいますが、自己破産の履歴が掲載されることはありません。

 

海外旅行など、多額の金銭を要する旅行などに関しては、申請期間中制限される場合もあります。