過払いとは

 

 

過払い金とは?

 

シンプルに分かりやすく解説すると
「過払い」とはお金を借りている業者に対して支払い過ぎている額を指します。

 

お金を借りた時点の契約では、2010年の法改正が行われる前の利息率でお金を借りる契約をしたとしても、法改正後は改正後の利率以上の利息を徴収することが、ある法律で認められなくなりました。

 

これは改正前に支払ってきた利息に対しても、さかのぼって調査され法改正後の利率で再度「本当に支払うべき利息額」を算出します。

 

この再計算を行うことで、既に支払ってきた利息は「払い過ぎている」ということが明確になり、払い過ぎていたお金を返還請求することができるということになります。

 

 

あなたも聞いたことがあるかもしれませんが、過払いと関連した単語で、

  • 「グレーゾーン金利」
  • 「上限金利」

というものがあります。

 

グレーゾーン金利は、過払い請求をする際にとても重要な知識になりますので
「グレーゾーン金利」とは一体何なのかをしっかり把握しておきましょう!

 

それでは「グレーゾーン金利」について解説していきます。

 

 

グレーゾーン金利について

 

過払いのグレーゾーン金利という単語を知っていても、どういう用語なのかがわからないという人も多いでしょう。

 

日本における貸金業には主に

  • 「利息制限法」
  • 「出資法」

という2つの法律があり、どちらも貸付の際の利息を制限している法律です。

 

 

「利息制限法」の利息率は、
元金10万円以下の場合⇒20%以下(超えても罰則はない)

 

「出資法」は、29.2%以上は罰則
という形でそれぞれ設定されています。

 

「利息制限法」

利息制限法に基づいた利息率
借入元金が100,000円未満の場合 年率20%
借入元金が100,000円以上1,000,000円未満の場合 年率18%
借入元金が1,000,000円以上の場合 年率15%
という利息率が制定されています。

 

 

この2つを見比べて頂くとわかりますが、 「利息制限法」は、超えても罰則がなく取り締まれないので、

 

「利息制限法」以上「出資法」未満の利息をつける事を、
グレーゾーン金利と呼びます。

 

しかし、このグレーゾーンの間の利率でお金を借りている人は、申請をすることで利息制限法に基づいた利率で再計算を行い、払いすぎている利息支払金額を返還請求することができるのです。

※利息制限法は「利息の契約は、この法律で決められた利率を超える過払い部分の金額は無効」と制定されたため、グレーゾーンに対する過払い請求を行うことができます。

 

過払い金の返還請求は、全部弁護士に任せよう!

ここで、弁護士の出番です。
お金を借りた本人の、これまでの借入情報を取り寄せた上で利息制限法に従って計算してくれます。

 

これまでに精算した金額から、払い過ぎたお金を計算するのは素人では非常に難しい計算になります。

 

過払いの申請を行うには正確な計算で行った申請書が必要となるので、私達自身で計算して申請するのではなく、専門家である弁護士に依頼することが現在では一般的となっています。

 

自分自身がこれまで支払ってきた返済額は、過払いして払って閉まっているのではないか?
と思う場合は、迷わず弁護士へ相談することをおすすめします。

 

過払い返還を弁護士へ依頼するのは、非常に簡単です。

 

多くの弁護士事務所では、相談料などもかかりませんし、実際に返還された金額からパーセンテージで報酬を支払う、という形での報酬支払いになる場合が多く「先にお金を払って依頼する」という形ではありません。
先に自分の財布から一円も出すことなく、返還請求の相談ができますから非常に安心です。

 

相談は無料なのでこちらからまず無料相談を申請ください。

 

過払い無料相談